水明グラウト 日本グラウト協会会員 鋼管矢板継手処理の専門会社

〒343−0011 埼玉県越谷市増林13-12

地盤改良工事

薬液注入工事

薬液注入工事とは、二重管のロッドを用いて土中に含まれる水・空気(間隙)の部分に薬液を浸透させ、止水及び強度を上げて地盤の安定を図る工法です。主に「水ガラス」という主剤を用いることが特徴で、主剤の特性(凝固)を利用して各種硬化剤と二重管の先端で混ざり合い、数秒~数十分で硬化させることで、あらゆる土質に対応します。 薬液の成分は、止水を目的とした溶液タイプと、強度増加を目的とした懸濁タイプがあります。現在では、様々なタイプの工法が存在し、硬化時間の異なる薬液を交互に注入して土粒子間へ完全に浸透させる工法や、パッカーを利用して懸濁剤を注入後、溶液剤を注入することで強度と止水性を両立させた工法などがあります。

1.削孔
ポンプより送水しながら計画深度まで削孔する。
2.注入開始
削孔が完了したら、注入を開始する。
薬液はA・B液とも1:1で注入する。
(工法によって比率設定する)
   
3.注入完了
所定の高さまで達したら注入を完了させる。
4.洗浄・移動
管内の洗浄をし、次のポイントへ移動。

高圧噴射工事

高圧噴射工法とは、超高圧水+空気+硬化材(又は超高圧硬化材+空気)を使用し、多重管ロッドの先端に装着したモニターから別々に噴射させることで地盤を切削し、地盤に1.0m~2.0mの円柱状の改良体を造成する工法です。 高圧噴射工法も様々なタイプがあり、対象土質・立地条件・改良体の口径・改良深度に応じて最適な工法を選択できます。 改良材はセメントスラリーが基本ですから、強度と恒久性に優れ、大深度の地下掘削における底盤部や、構造物の基礎補強、連壁の造成など、あらゆるケースに対応できます。

JSG工法 概要図

CJG工法 概要図

地下水位低下工事

地下水位低下工事とは、土中にパイプを削孔設置し、真空ポンプを用いて強制的に地下水をくみ上げることで地下水の低下を図り、地下掘削の際に地下水の流入を防止する工事です。 地下水を低下させる深度や範囲と土質に応じて、ウェルポイント工法やディープウェル工法などがあります。

各種地盤改良工事

上記以外にも、様々なケースに対応ずべく改良工事を承っておりますので、お問い合わせ下さい。
バナー
バナー

Menu

Infomation

バナー

業務内容

画像
当社独自技術の鋼管矢板継手処理工事
画像
薬液注入工事と高圧ジェットグラウト
画像
エアミルク・エアモルタル工事を中心にトンネル裏込充填工事
画像
建物の基礎部分の造成・地滑り対策・沈下復旧工事