水明グラウト 日本グラウト協会会員 鋼管矢板継手処理の専門会社

〒343−0011 埼玉県越谷市増林13-12

継手工事

鋼管矢板継手処理工事

二重管洗浄システムと充填管の概要

鋼管矢板を用いて橋脚や連壁を築造する際、鋼管継手部の一体化と、井筒掘削する場合に地下水や河川水が流入することを防止する目的で、継手処理を行います。 継手内を洗浄後、各種目的に合わせたモルタルを充填しますが、充填前の継手内を完全洗浄することが最も重要であり、当社の独自工法(二重管システム)が効果的です。


二重管洗浄システム(高圧水+エアー)の特徴は、超高圧水によって土砂を切削・攪乱し、同時に噴射されるエアーに乗せて継ぎ手上部に排土するシステムです。 これを二重管とすることで、 切削水と排土エアーを別々に設でき、水のみで切削・排土する場合の切削圧力と排土吐出量との反比例する問題を解決しています。 ジェットノズルは、土質や深度に応じて各種用意されておりボーリング機とともに、切削ビット付のノズルを使用するケースもあります。 二重管システムにて洗浄を完了させた後、充填管を継手内に挿入し、トレミー状態でモルタルを充填します。


実験状況

噴射テスト 受圧装置にてジェットの破壊力を計測
   
記録状況 各種先端ノズル

継手内洗浄

 

モルタル充填

バナー
バナー

Menu

Infomation

バナー

業務内容

画像
当社独自技術の鋼管矢板継手処理工事
画像
薬液注入工事と高圧ジェットグラウト
画像
エアミルク・エアモルタル工事を中心にトンネル裏込充填工事
画像
建物の基礎部分の造成・地滑り対策・沈下復旧工事