水明グラウト 日本グラウト協会会員 鋼管矢板継手処理の専門会社

〒343−0011 埼玉県越谷市増林13-12

画像
継手工事
当社独自技術の鋼管矢板継手処理工事をご紹介いたします。
画像
地盤改良工事
薬液注入工事と高圧ジェットグラウトをご紹介いたします。
画像
充填工事
エアミルク・エアモルタル工事を中心にトンネル裏込充填工事をご紹介。
画像
沈下修正
建物の基礎部分の造成や地滑り対策、沈下復旧工事をご紹介します。

鋼管矢板継手処理工事について

メイドインジャパン基礎の生命線である継手処理工法を提案します

画像

弊社は、鋼管矢板継手処理工事の専門会社として、長年培ってきたノウハウを生かし二重管工法(特許工法)を中心に、JCクリートシリーズ(プレミックスモルタル)を用いた高品質な継手処理工法を提案しております。
鋼管矢板基礎は、国内に留まらず今日ではアジア各国での実績が増え、長大橋の主要基礎としての得意性を生かし、メイドインジャパンの橋脚として広く普及しています。弊社が携わる継手処理工事は、鋼管矢板基礎の生命線であるジョイント部を強化するとともに矢板を1つの基礎として一体化させるために不可欠な非常に重要な工事です。

水中不分離グラウトについて

水域での充填施工を容易にし、水質汚染も低減した充填工法を提案します

画像

上水道や農水の耐震化が進む中、不要となった管渠を開削撤去できないため、内空部に充填材を注入し、既設管渠を閉塞する工事や、震災や浸食水によって護岸壁や導水トンネルの背面地盤に空隙が生じ、なんらかの方法で空洞部を充填強化しなければならないケースが増えています。
このような施工環境では、管渠であれば残水が、護岸やトンネル背面であれば浸食水があるため、充填材には耐水性や水質汚染の少ないものが求められます。
弊社は、水域での施工を容易とする水中不分離グラウト材を目的に合わせて提案しています。

水明グラウト新着情報&更新履歴

バナー
バナー

Menu

Infomation

バナー

業務内容

画像
当社独自技術の鋼管矢板継手処理工事
画像
薬液注入工事と高圧ジェットグラウト
画像
エアミルク・エアモルタル工事を中心にトンネル裏込充填工事
画像
建物の基礎部分の造成・地滑り対策・沈下復旧工事